2012-11-08

SQL Server 2000 を FileMaker 11で使う

 FileMakerが公式サポートしているMicrosoft SQL Server のバージョンはMS SQL Server 2008 R2/MS SQL Server 2008 SP2/MS SQL Server 2005 SP3のみである。

 が、10年程前に SQL Server 2000 と ASP で作成したシステムのデータをちょこちょこ弄る必要がでてきた。 これをASPでやるのは大変すぎるので、FileMaker Pro 11でSQL-Server 2000のDBを扱えないものかと無謀にも思い立ち、試してみた。 以下、その備忘録。




例によって「システムDSN」を登録。環境はWindows 32bit、ODBCドライバは「SQL Server 6.00」。問題なく登録できる。



次にFileMaker Pro 11 Advanced を起動してFileMakerデータベースを作成。上記で登録したDSNをFileMakerの外部データソースとして登録する。



 さらに、リレーションシップのウインドウで、上記で登録した SQL Server データベースのテーブルをTO(Table Occurence)として現出させ、リレーションとかもしてみる。問題なし。



 FileMakerではTO毎にレイアウト(フォーム)が自動作成される。ブラウズモードにして、表示方法を「表形式」を選択すると、以下のような表が表示される。



ここまで、慣れていれば5分程度で作成できる。
いまのところ、照会/検索は普通にできている。



最後に躓いた点のメモ:
上記のFileMakerデータベースを Windows Server 2008 x64 の FileMaker Server で運用する場合、普通にDSN登録をすると、上記のリレーションシップのところでエラーが起こると思われる。
この場合、SP3SysWoW64フォルダのodbcad32.exeを起動して、DSN登録を行うこと。

参考リンク


(土屋)


【IWP関連記事】

【弊社のIWP関連製品・サービス】