2014-06-30

インスタント Web/WebDirect対応在庫管理テンプレート『FMEasy在庫 IWP/WD R1.5』を本日リリース

 本日、『FMEasy在庫 IWP/WD R1.5』(フリー版)のダウンロードと販売を開始。


 ホントは昨年末にインスタントWeb(IWP)に対応の「FMEasy在庫 IWP R1.5」としてリリースする予定が、同時期に IWP の後継WebDirect(WD)を含む FileMaker Pro 13 がリリースされ、「タイミング、悪!ヽ(`Д´)ノ」 と思いつつ泣く泣く「WDにも対応させっか」と思い直し、艱難辛苦の末、今日を迎えることができたのだった\( ̄▽ ̄;)/。


 以下、 本製品についての若干のご説明。


製品概要


  『FMEasy在庫 R1.0』 に検索・入力支援機能を付加し、インスタントWebとWebDirectに対応させたのが本製品。


製品種類

  • フリー版(無料) ― データ入力無制限
  • 開発版(価格:¥54,000、税込) ― FileMaker Pro 12/13 Advancedにより開発可

 本製品リリース後も、在庫管理テンプレート『FMEasy在庫 R1.0』(フリー版/開発版 ¥26,250)は引き続きダウンロード/購入可。

開発方針


こんな感じで開発してみました。

  1. インスタントWeb(IWP)/WebDirect(WD)の両方に対応させる
  2. 入出庫・在庫の基本機能は『FMEasy在庫 R1.0』をそのまま踏襲
  3. FileMaker/IWP/WD間で、できるだけレイアウトを共有する(下記※参照)
  4. 検索・入力支援機能 ― 取引先または商品のレコードが千~1万件を超す場合、FileMaker標準の 関連フィールドによる値一覧は実用に耐えない(特にWeb環境下) ― ので、検索・入力支援機能を搭載する(後述)
  5. 検索・入力支援機能の流用性 ― 本製品をカスタマイズして売上/入金/仕入/支払/受注/発注等々の機能を付加する場合、取引先、得意先、仕入先、商品の入力が必要となるが、その時に検索・入力支援機能を簡単に流用できるように設計する
  6. 検索・入力支援機能は FileMaker/IWP/WD の3プラットフォームで利用できること
  7. WDの実行速度を落とさないように、レイアウトテーマは前版「FMEasy在庫 R1.0」の「レトロ」から「クラッシック」に変更 ― この為、本製品R1.5と前版R1.0の画面がかなり異なっている

※レイアウト共有で工数減?

 レイアウトを共有するとレイアウトだけでなくスクリプトも共有できる可能性が高まり、工数削減につながりそうだが、レイアウトを弄る度にFileMaker/IWP/WD、3つのプラットフォームでレイアウトのズレを気にしなければならなくなり、実際の工数減に繋がるかは微妙。
 おおざっぱな方 ― 多少、オブジェクトが被ったりズレたりしても気にしない人はレイアウト共有し、細かいことが気になる人はレイアウトを分けた方が幸せかもしれない。

 それともかく、本製品はIWPの入力更新系画面を除き、できるかぎり3プラットフォーム間でレイアウトを共有している。

検索・入力支援機能


本製品のキモはなんと言っても検索・入力支援機能。
下図はWebDirect環境のChromeの画面。

[取引先の検索・入力支援機能]

※取引先画面で検索支援機能を使う
“検索支援”クリック検索支援画面が開く→取引先名を入力して“表示”表示された一覧から目的とする取引先を選択クリック元の取引先画面に戻り選択した取引先が表示される。

※出庫/入力画面で入力支援機能を使う
“選”クリック入力支援画面が開く得意先または仕入先名を入力して“表示”表示された一覧から目的とする得意先/仕入先を選択クリック元の出庫/入庫画面に戻り選択した得意先/仕入先が入力される

注:実行元の画面により、検索・入力支援画面に表示されるボタン、表記、機能が若干異なります。



[商品の検索・入力支援機能]

※商品画面で検索支援機能を使う
“検索支援”クリック検索支援画面が開く商品名を入力して“表示”表示された一覧から目的とする商品を選択クリック元の商品画面に戻り選択した商品が表示される

※出庫/入力画面で入力支援機能を使う
明細の“選”クリック入力支援画面が開く商品名を入力して“表示”表示された一覧から目的とする商品を選択クリック元の出庫/入庫画面に戻り選択した商品が入力される
  • 実行元の画面により、検索・入力支援画面に表示されるボタン、表記、機能が若干異なります。
  • 入力支援画面で[伝票単価][数量]を入力すると、その値が入出庫明細の単価と数量に入力されます。



Blog連動


 いくつかの問題もある。 例えば、インスタントWeb(IWP)/WebDirect(WD)では満足な印刷ができない。これは FileMaker Server の問題であるが、回避策がないこともない。
 それは、ネットワーク上に印刷専用の FileMaker クライアント(FileMaker Robot)を常に起動しておき、IWP/WDクライアント(ブラウザ)から印刷リクエストがないか常に監視し、リクエストがあればFileMaker Robotから印刷を行うようにスクリプトを作成し、そのスクリプトを常に実行した状態にしておく。

 別の問題として、IWPではダイアログボックス表示のスクリプトステップが使用できないため、レコード削除実行時に確認のダイアログが表示されずに即刻レコードが削除されてしまう、ということがある。

 また、 WDは各種ブラウザとの互換性が低いがFileMaker クライアントの再現性が高いのでインストラネットで、IWPは各種ブラウザとの互換性が高いので不特定多数対象のインターネットで使用したいが、WD/IWPの同時使用は可能か…等。 こうした問題・課題について、できるだけ本Blogで取り上げていきたい。


サポート


 「おんどれのサポート、もう少しどうにかせんか、(゚Д゚)ゴラァ!」という叱咤激励に応え、必死の努力の末、少しだけサポートを改善。
 前版インシデント2→今版5インシデント(365日間有効)に!

 ご質問については、Blog 記事として回答させて頂くこともあります →例1とか例2とか。


講習とか


 本製品をベースに在庫管理を学んでみたいという方はこんなのとか、IWPをやってみたいという方はこんなのとか、WDとはなんぞやという方はこれとか、あります。

 それでは足りない!、開発支援とかコンサルティングを!という方はこちら

 その他の WebDirect 関連記事を読む

(土屋)

2014-06-24

『FMEasy在庫 IWP/WD R1.5』 のクライアント強制フィールドの使用


『FMEasy在庫 IWP/WD R1.5』のユーザの方へ

 『FMEasy在庫 IWP/WD R1.5』はFileMakerクライアント、インスタントWeb(IWP)、WebDirect(WD)の3つのプラットフォームで動作する在庫管理テンプレートですが、本製品のMain Menu画面には[クライアント強制]というフィールドがあり、クリックすると「0:FM、1:IWP、2:WebDirect」のいずれかの値を選択することができます。 


本製品は「0:FM」が選択されていればPC上のFileMakerクライアントとして、「1:IWP」ならインスタントWeb環境に接続されているブラウザとして、「2:WebDirect」であればWebDirect環境に接続されているブラウザとして、実際のプラットフォームとは関係なく、動作します。 

 たとえば、PC上の FileMaker Pro 13 を使用し、『FMEasy在庫 IWP/WD R1.5』にアクセスする場合、デフォルトでは上記フィールドの値は「0:FM」が選択されています。 この時、“取引先へ”をクリックすれば、FileMakerクラインアント用に用意された以下の画面が表示され、これが本来の正しい動作です。

では、 上記のMain Menu画面の[クライアント強制]を「1:IWP」に変更して“取引先へ”をクリックするとどうなるでしょうか? その場合、インスタントWeb(IWP)用に用意された下記の画面が表示されます。


つまり、実行環境はFileMaker Pro 13であるにも関わらず、インスタントWebにアクセスしているブラウザの動作をシミュレートできます。 これは、主としてIWPアプリの開発時、デバッグ環境が存在しないため、FileMaker Pro Advanced にブラウザを動作をシミュレートさせ、デバッガに利用するための仕組みです。 よって、開発時以外は、[クライアント強制]の値は変更しないようにしてください。

注:
  • 本機能は他のプラットフォームをある程度はシミュレートしますが、プラットフォーム間でサポートするスクリプトステップや機能が異なる為、完全にシミュレートするものではありません。
  • 開発時のFileMakerクライアント上での「1:IWP」指定(IWPブラウザのシミュレート)と「2:WebDirect」指定(WebDirectシミュレート)を前提としています。その他の指定はお勧めできません。
以上


【関連リンク】
FMEasy在庫のカスタマイズ関連記事リスト