2017-11-14

FMクライアントからサーバ上のODBC/node.js経由でデータベースをCRUDする

 FileMaker(以下、FM)から FileMaker Server (以下、FMS)上のデータベースに接続し、SQLクエリでデータを CRUD する場合に考えられる方法は、通常は以下の2つです。

  1. FM クライアント機に ODBC を入れて、SQL を実行スクリプトステップを使用する
  2. FM クライアント機に ODBC は入れ、ODBCはサーバにのみ入れ、サーバサイドスクリプトで SQL を実行スクリプトステップを使用する

 1. のデメリットは、全てクライアントにODBCを入れる必要があり、保守が面倒なこと、
 2. のデメリットは、サーバサイドスクリプト内はデバッガが使用できず、またクライアントで実行する場合と動作が異なることがあること、です。
また、「\"」のエスケープが面倒で醜いというのは両者に共通した欠点と思います。

 さて、上記の2つの方法のデメリットを回避する方法として、サーバに ODBC/node.js と当方で開発した tpcsql.js を置き、FM クライアントから FMS に対して SQL を発行して CRUD する方法をご紹介します。

 以下で詳述のデータベースサーバ側でクエリ文を待ち受けする Node.js スクリプト tpcsql.js は、以下のページより無償ダウンロードいただけます。

tpcsql.js を使った CRUD テスト方法

以下、環境構築の方法を記します。

注:
  • cURLを使用するため、FileMakerクライアント は Ver.16 以降が必須となります。
  • FMSは Ver16 でのみ検証を行っています。  
  1. FMS 16 の Admin Console で ODBC/JDBC を有効にします。

  2. FM 付属の FileMaker ODBC ドライバを、サーバにインストールします。
    クライアントへのODBCのインストールは不要です。
  3. FMS サーバ環境に Node.js をインストールします。
  4. 上記のサイトより、tpcsql.js をダウンロードし、サーバ 上の任意の場所に配置します。
  5. tpcsql.js に付属の Readme.txt に従って、Node.js 関連パッケージ群をインストールします。
  6. コマンドプロンプト画面から、node tpcsql.js と入力し、Enter キーを押下します。
    以下のようなメッセージが画面に表示されたら、クエリ待ち受け状態となります。

    ここでは、Web サーバのデフォルトポート 80 で待ち受けしますが、すでに他の Web サーバが稼働中の場合は、tpcsql.js に記載されているポート番号を変更(例: 80→8080)し、再起動してください。
  7. 付属のサンプルファイル「TpcQueryTester10.fmp12」 をFMSに配置し、公開します。
    FMクライアントからアクセスできるように、必要に応じて、ファイヤウォールの設定を変更します。
  8. FMクライアントを起動し、上記7で公開したTpcQueryTester10.fmp12 を開きます。
    ログイン情報は tpcsql.js に付属のドキュメントを参照してください。
  9.  [URI]フィールドの hostname の部分を FMS16 のホスト名、または IP アドレスに変更し、“Go”ボタンを押してみてください。

    上記で、[odbcDriver]、[host]、[uid]、[pwd]、[database]フィールドは、FMS16 側から見た場合の設定をあらかじめ入力してありますので、そのまま “Go”で実行できます。
  10. 以下のようにクエリ結果が [result]フィールドに戻ってきたら成功です。
  11.  Data テーブルには 1000 件分のテストデータがあらかじめ登録されています。
    クエリ内容を変更することによって、CRUD 操作をお試しいただけます。
 本稿では データベースは FileMaker Server を使用していますが、MySQL や SQL Server など、ODBC対応であれば他のデータベースでもここに記載した方法は使用できると思います。

tpcsql.jsの他のプラットフォームでの利用

 当初、tpcsql.js は Raspberry Pi 等で iBeaconの情報を収集・加工し、リモートのデータベースをSQLで簡単にCRUDするという M2M な利用を意図して企画したのですが、「FMクライアントから使えたら便利かも?」と思い、公開することにしました。
 もともと、FMのサーバサイドで「SQLを実行」がサポートされているので、「?」な方もいらっしゃるかと思いますが、「役にたったよ」という方が現れたらウレシイです。
 尚、tpcsql.js のラズパイでの利用は、稿を改めてご紹介できればと思います。


(亀澤)

関連リンク

0 件のコメント: