ラベル FileMaker Server の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル FileMaker Server の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021-07-24

まだまだいける FileMaker 5.5/6 ― レガシーFileMaker の延命 2021 ―

 FileMaker 5.5/6 の発売は今から約20年前ですが、巷ではまだまだ使用している会社も多いです。 今回は レガシーFileMaker のサーバとクライアントのOSの互換性に関して、当社の運用実績、検証、推測を基にレポートします。また、レガシーの修正や改変の際に必要となる分析方法についても記します。

FileMaker の最強3トップ

注:
  • レガシーFileMakerのOSとの互換性/延命に関するご意見等は、コメント欄にご投稿ください。
  • 本稿に基づき読者がシステムを構築された場合に問題や障害等が発生しても、当社では責任を負いません

FileMaker Server 5.5とWindows OSとの互換性 

 下表はFileMaker Server 5.5(以下、FMS)と Windows OS との互換性を示します。

Windows  OS 互換性 備考
2000 Server FileMaker社による動作保証
2003  当社等の運用実績に基づく[1]
2008 当社等の運用実績に基づく[1]
2012 当社等の運用実績に基づく[2]
2016 当社検証に基づく、非推奨[3]
2019 ? 未検証[4]
     
2000 Pro FileMaker社による動作保証
XP ? 未検証[5]
7 ? 未検証[5]
10 × 当社検証に基づく、非推奨[6]
[1]:「当社他の運用実績」は、当社及び当社顧客の運用実績有
[2]: 運用可。但、FMS管理コンソールでクラッシュするケースあり、以下の「仮想マシン上で FMSを運用する場合」参照
[3]: DB公開はできるがFMS管理コンソールでクラッシュする、非推奨
[4]: 2019はWindows10系である為、公開はできるがFMS管理コンソールでクラッシュすると推定、非推奨
[5]: System7はWindows 2000 Pro(公式サポートOS)に近いため運用できる可能性有、検証の価値有
[6]: FMS管理コンソールでDBを公開できる時とできない時があり非常に不安定、非推奨

FileMaker Pro 5.5/6 とWindows OSの互換性

 下表はFileMaker Pro 5.5/6(以下、FMP)と Windows OS との互換性を示します。
表中、サーバOSが含まれていますが、これはリモートデスクトップサービスを使用し、マルチユーザライセンスのFMPを複数ユーザで使用することを想定しています。

Windows  OS 互換性 備考
2000 Pro/Server FileMaker社による動作保証
2003  当社等の運用実績に基づく[1]
2008 当社等の運用実績に基づく[1]
2012 当社等の運用実績に基づく[1]
2016 当社等の運用実績に基づく[1]
2019 未検証[2]
     
XP FileMaker社による動作保証
7 当社等の運用実績に基づく[1]
10 当社等の運用実績に基づく[1]
11 未検証
[1]:「当社他の運用実績」は、当社及び当社顧客の運用実績有
[2]: 2019はWindows10系である為、運用可能と推定

新設するサーバ機とOSとの互換性(仮想マシン不使用)

 サーバ機の老朽化によるマシン本体のリプレースについて考えます。この時、仮想マシンを使用せずに、新サーバ(物理マシン)に Windows 2000/2003/2008/2012 をインストールし、このOS上で FMS を運用しようとする場合、物理マシンが各OSをサポートしているか否かはチェックポイントとなります。経験上、メーカーが公式対応していないOSであっても動作する可能性は高いですが、メーカーが公式対応を謳っているマシンであれば、それに越したことはありません。

Dellサーバ機のOS互換性

HPサーバ機のサーバOS互換性

仮想マシン上で FMSを運用する場合

次に仮想サーバ上での FMSの運用について考えます。この方法では仮想マシンにWindows 2000/2003/2008/2012 をインストールして、FMS を運用します。
 既に仮想環境を構築済みであれば、マシン調達に伴う金銭的コストを負わなくても済むので、担当者の心理的負担は少ないです(経験者談)。逆にFMSだけのために仮想環境を新たに導入するとなると、コスト大の上、担当の心理的負担も大となります(同談)。

 注意点が一つあります。当方で遭遇した現象ですが、Dell PowerEdge T105 のハイパーバイザ上の仮想マシン(Windows Server 2012R2 )では、 FMS5.5 が問題なく動作していましたが、PowerEdge R330 のハイパーバイザ上の仮想マシン(Windows Server 2012R2 )に FMS5.5 を新規インストールした後にFMS の コンソールで「ファイルメーカー Server」を右クリックして「プロパティ」を選択するとコンソールがクラッシュする、ということがありました。 この時、正常稼働している PowerEdge T105 上 の仮想ディスク(VHD)を丸ごと PowerEdge R330 にコピーして仮想マシンを再構成したところ、コンソールで「プロパティ」を選択することができました。
 このように、一見同じに見えるシステム環境であっれも、FMSで障害が発生することがある、と言う事です。
 
 当社ではFileMakerレガシーの延命を多くうけたまわっており、現在までほぼ成功裡に終わっていますが、リスクがあることをユーザに十分理解頂き、業務を進行することがやはり大切です。
 もっとも、最新のテクノロジーでシステムを構築する!、と言っても、既存システムとの互換性、開発失敗リスク、最新テクノロジー故の不安定性・未成熟性といったリスクもあります。また、ベンダーが勝手に契約条件を変更する近年のサブスクリプションというビジネスモデルも大きなリスクです。

 5G、AI、機械学習、IoT/M2M、DXを行わない企業に未来はない!などと、漠然としたIT用語や根拠不明の言説が巷に溢れる中、現行仕様で満足している、或いは現行仕様を修正・拡張しながら利用できれば十分というシステムも普通にあるわけで、であればレガシーシステムの延命は十分考慮に値すると思います。


Windows Server の Windows Update 

 Windows update を行わなければ FileMaker Server 5.5(FMS) が動作しないということはありませんが、Windows 2008/2012 などの古いOSを運用する際に重要なことなので、本項にて触れておきます。

 通常、新たにサーバ機を購入したり、サーバOSをインストールした際は、Windows update を行い、OS を最新の状態にします。これは以下の理由によります。
  1. セキュリティ上の要請
  2. 運用開始後の Update のリスクを低減する
    運用開始後に Windows update を実施すると、何らかの障害が発生し、運用中のソフトウェアが動作しなくなる可能性があります。できるだけ導入・テストの段階で利用可能な全ての update を当て、運用後のダウンタイムを減らしましょう。
  3. Windows Server がある程度最新の状態でないと動作しないプログラムがある
    ある種のアプリケーションをインストールする際、一定のバージョン以上の Internet Explorer や .NET Framework を要求され、インストールを実行できない、ということはままあります。この一定のバージョンに辿り着くまで、何回か Windows update を行う必要があることがあります。導入時に最新のUpdateを当てておけば、運用後にこれらの作業を低減することができます。
  4. Windows Update 自体が動作しなくなることがある
    後述のように Windows Update エージェントが古いと Update 自体ができないことがあります。

Windows update ができない時 

 FileMaker Server 5.5 と互換性の高い Windows Server 2008/2012 ですが、これらのOS のインストール直後に Windows update を実行すると、 0x80072efe というエラーが発生して、Windows Update が完了しないことがあります。
 このエラーは Windows Update エージェント自体に問題あり、Windows Update エージェントのアップデートプログラムを単独でダウンロードし、これを実行することにより解決できます。

 ※ご利用の Windows Server のバージョンに適合したものをダウンロード後、インストールしてください。

 この他にも、いくつかのアップデートを実行できないこともあります。その場合は Windows Update の順番を変えてみたり、個別にアップデートプログラムをダウンロードしたりして対応する必要が出てきます。

 以上、運用開始後のダウンタイムを低減するために、導入段階で Windows Update をできるだけ進め、OSを最新の状態にしておきましょう。

Windows Server のライフサイクル

 参考までに、Windows Server のライフサイクルの表(2021/07/26時点)を挙げておきます。
Windows  OS サポート終了日 延長サポート終了日
Windows Server 2003 2010/07/13 2015/07/14
Windows Server 2003R2 2010/07/13 2015/07/14
Windows Server 2008 2015/01/13 2020/01/14
Windows Server 2008 R2 2015/01/13 2020/01/14
Windows Server 2012 2018/10/09 2023/10/10
Windows Server 2012 R2 2018/10/09 2023/10/10
Windows Server 2016 2022/01/11 2027/01/12
Windows Server 2019 2024/01/09 2029/01/09

実行速度とテストについて

 物理マシン或いは仮想マシンを問わず、構築した新環境に於ける実行速度が旧環境のそれに比べて明らかに遅い場合、問題となります。 旧環境から新環境への移行業務の早い段階で、必要十分な実行速度が得られているかをユーザに判断してもらうべきです。 業務終了間際に実行速度が遅すぎると判明すると、行った作業が全て無駄になる可能性があります。

 当社では実行速度の可否を判断する際、約12万件の郵便番号情報が入った郵便番号.fp5 のファイルをFMSで公開し、FMPからアクセスして住所フィールド(都道府県+市区町村+町域を1つに結合したフィールド)のソートを行います。 この12万レコードのソートが30~40秒程度で終了する、というのを一応の合格基準としています。
注:
これは未ソートの状態で新たににソートした場合の基準です。一旦ソートされた状態で再度ソートすると、ソート時間が30~40%改善するとがあります。このため、ソートテストは常にソートされていない状態で実行してください。

 ユーザは実行速度には敏感ですので、旧環境と新環境で郵便番号をソートのデモを行うのも良い考えだと思います。

 当方の経験上、コア数やメモリも増やしても、実行速度はほとんど改善されません。ただ、ネットワーク(NIC)の設定を変更することにより、劇的に改善することがあります。これについては、こちらを参照してください。

レガシーFileMaker の分析

 当社では第三者が開発したレガシーFileMakerの保守・開発を引き受けていますが、そのシステムを拝見するとデータベースの正規化が無視されていたり、同種のスクリプトを延々と繰り返していたり(コードの再利用という考えがない)、逆にスクリプトが意味不明に細かく分割されていたり、セキュリティが考慮されていなかったりと、掟破りのシステムを目にすることが少なくありません。

 掟破りシステムに障害があると、当社担当が分析・修正するとなるとなります。熟練開発者が書いたスクリプトでも、その開発者の支援無しに第三者がデバッグするのは元々困難な作業です。 これが非熟練者により開発されたものとなると、通常の十倍からそれ以上の工数を要する大変な作業となります。 このような状況では、スクラッチ開発(一から再開発)お勧めしたいのですが、膨れ上がった掟破りシステムをスクラッチ開発するには、多くの時間と費用を要するため、当社担当がデバッグすることになります。

 さて、このような悲惨な状況下での頼みの綱がデバッガや分析ツールですが、旧FileMaker にも FileMaker Developer 5.5/6 (以下、Developer)という製品があり、これによりデバッグや分析を行うことができます。
 Developerを使うと、下図のようなデータベースデザインレポート(実体は FileMakerのファイル)を作成することができます。 このレポートはシステムの開発量(フィールド、レイアウト、スクリプト等の数)を知るのに有用です。



 一方、検索機能が不十分、というか無いに等しいので、保守や障害対応で特定のオブジェクトの検索を行うには、データベースデザインレポートは不適です。
 例えば、システムの改変時にフィールドAに対して何らかの変更を加える場合、そのフィールドが影響を及ぼすオブジェクト(他のフィールド、スクリプト、レイアウト、値一覧、リレーション)が無いかをリストアップし、それぞれ検討を行い、悪影響があると判断される場合には対応が必要になります。この時、上記のデータベースデザインレポートには、フィールドAを指定して、関連するオブジェクトを抽出する機能がありません。
 この種の検索機能が無いと膨大な作業を人力で行う事になりますが、これは実務上ほぼ不可能となります。このため当社ではオブジェクト検索を行う以下のサブシステムを用意しています。
 

 図の「TPC Database Analyzer」は FileMaker 5.5/6用データベース分析ツールです。[検索条件]に「売上日」と入力して検索を実行すると、[売上日]を含むオブジェクトがすべて検索されます。その検索結果が下図です。


 画面左を見るとレコード数が約3万1千ありますが、これがこのシステムを構成するオブジェクトの数です。該当件数が299となっていますが、これが[売上日]が関連するオブジェクトの数です。約3万1千あるオブジェクトから人力で[売上日]を含むオブジェクトをしらみつぶしに調べるのは、実務上ほぼ不可能ですが、299件であれば一つ一つチェックしていければ、時間はかかると思いますが、熟練の開発者であれば必要な修正を加えることが可能です。

 このような分析ツールは障害や部分改変を行う際に限らず、新システムのスクラッチ開発時に旧システムを分析する際にも非常に有用なツールとなります。
(本項は21/10/14に加筆)
 
(NuckyT)




■ FileMaker 5/6等レガシーシステム関連記事

まだまだいける FileMaker 5.5/6 ― レガシーFileMaker の延命 2021 ―(21/07/24投稿)
レガシーFileMaker とOSの互換性、移行時の留意点について

IIS6 + FileMaker Web コンパニオン構成の Web サーバ機で TLS1.2 が動作するようにリバースプロキシを設定する (20/07/06投稿)
TLS1.2 非対応の IIS6 に Web ブラウザアクセス時に警告メッセージが出ないようにする

太古の FileMaker システムを延命させる! ― 後日談FileMaker(17/09/07投稿)
下記記事のレガシー延命スキームの実施と結果について。

太古の FileMaker システムを延命させる!(17/04/25投稿)
Remote Desktop Server/FileMaker Pro 5.5 搭載の Windows Server 2008 物理マシンを P2Vし、Hyper-Vに移行することにより、レガシーシステムの延命を図る。

FileMaker 5.5/6 をモバイルで使う(16/05/25投稿)
Android/iOS に Remote Desktop Client を載せて、FileMaker Go のようなことをしてみます。

今なお輝くFileMaker 5.5/6(16/05/23投稿)
レガシーFileMaker の意外な利点。

2018-08-31

FileMaker Server の運用をオンプレミス、AWS、FileMaker Cloud で比較してみる

[本文へ移動]

コロナ蔓延により 優位性増すクラウド

本稿は2018年8月の記事で、クラウドとオンプレミスを項目別に評価(下表参照)しています。
 同表内のBCPの項ではクラウド(AWS/FMC)が優位にありますが、昨年の台風19号や今回のコロナの蔓延により、各企業・団体でのBCPの"重み"は急激に増しています。インフラ構築とその運用をすべてリモートで行えるAWS等のクラウドは、テレワーク/在宅勤務の観点からも優位です。

 土屋企画では、FileMakerシステムの移行を含むAWSインフラ及びテレワークシステムの構築を支援・実施致します。

参考リンク(土屋企画のWebサイト):
■AWSとテレワーク
■リモート開発とテレワーク
■Amazon connect と FileMaker WebDirect による CIT の無料試用サービスについて
(2020年5月1日加筆)

ローカル → EC2  vs  ローカル→Workspaces→EC2
 ~ FileMakerクライアントの実行速度を比べる ~

「FileMaker Cloud やAWS EC2 の FileMaker Server が遅い!」と感じていませんか? Amazon EC2 上の FileMaker Serverに、3つのクライアント(ローカルPC直接続、WorkSpace 1、WorkSpace 2)からアクセスし、データベースのソート速度を比較してみました。


(2020年5月14日加筆)

Amazon Connect と FileMaker WebDirect 19 による CTI


 Amazon Connect と FileMaker WebDirect 19 を連携させ、 CTI(Computer Telephony Integration) の主要機能の1つである「着信時顧客情報ポップアップ」を実現する事例をご紹介します。



(2020年6月15日加筆)

(以下、本文)
2017年7 月の FileMaker Cloud リリース以来、FileMaker Server のクラウド環境での運用も増えているようです。これにより企業では FileMaker Server 導入時に、オンプレミス(自社サーバ)、AWS EC2(Amazon社が提供するクラウドサービスで、ユーザは 自身で適切な Windows OS を選択て、FileMaker Server のインストールを行う)、FileMaker Cloud(FileMaker 社が Amazon マーケットプレースで提供する AWS EC2上で稼働する  FileMaker Server プラットフォーム)の 3 つのプラットフォームから選択することになります。

 ユーザはこれら3つのサービスでどれが自社に最適なのか悩むところですが、結論的なことを先に言ってしまうと、システム担当者がいない会社では FileMaker Cloud がお勧めです。FileMaker社が提供するチュートリアルに沿って設定を行えば、通常は数十分で FileMaker Server の準備が完了します。従来からある素の AWS EC2 に比べると、FileMaker Cloud は簡単です。

 オンプレミスかクラウドかはほとんどの場合、企業・組織がもつサーバポリシーによりほぼ自動的に決まってしまうかと思われます。データの秘匿性、セキュリティを重視する会社ではクラウド自身を禁止しているところもありますし、基幹システムはオンプレミスで、その他はクラウドに出すところ、IT部門の人員を削減するためサーバは全てクラウドにするところもあります。逆にサーバの仮想化をすすめ自社のサーバ室ですべてを運用することによりコストダウンを図る会社もあります(当社はこの形態に近いです)。

 本稿では、オンプレミス、AWS EC2、FileMaker Cloud の3つのプラットフォームを機能面と費用面から比較しています。機能については項目別に点数をつけていますが、企業・組織により各項目の重みは大きく異なるので、点数は参考値としてご覧ください。

 なお、3者とも FileMaker Server 17 の年間ライセンスを 25 使用することを前提としています。また、FileMaker Cloud はラインセンスのクラウドへの持ち込み(Bring Your Own License: BYOL)を前提としています。

 始めに機能・運用環境を比較してみます。FileMaker 社の公式ページ FileMaker ServerとFileMaker Cloudの比較 をベースに、さらに検討が必要と思われる項目を追加し、オンプレミス、AWS EC2、FileMaker Cloud 別に点数をつけてみました。

表1. オンプレミス、Amazos Web Service、FileMaker Cloud の機能・運用環境比較
No 比較項目 オンプレミス
(OP)
AWS EC2
(AWS)
FileMaker Cloud
(FMC)
説明
1 初期費用(ハード/ソフト) 1 5 5 表2参照
2  運用費用(ハード/ソフト)
4
3
2
表2及び表3参照
3  ハードウェア導入時の手間
2
4
4
OP:ハードウェア/UPS/バックアップ機器等の選定と購入が面倒
AWS:インスタンスタイプの選定のみ。OPに比べ簡単
FMC:インスタンスタイプの選定のみ。OPに比べ簡単
4  OS(選定/インストール/設定)
2
4
5
OP:自社で OS の選定、インストール、各種設定が必要
AWS:OSの選択は必要だが、インストールは不要
FMC: OS 選定もインストールも不要
5  FileMaker Server セットアップ
2
3
5
OP:自社ですべて行うため時間と労力がかかる
AWS:同上
FMC:20分程度(他に比べ簡単)
6  FileMakerライセンスの柔軟性
3
3
2
OP/AWS:自社で FMS ライセンスを用意する必要あり
FMC:AWS MarketPlace から BYOL、またはライセンス込みの FMC オプションを 選択可能。
AWS のユーザ登録とサーバ(EC2)、ストレージ(EBS)の指定が必要。
詳しくはFileMaker Cloud の購入方法を参照。
7  OS・ハードウェアの監視・管理
2
4
5
OP:社内担当者の負担大。
AWS:OS等ソフトウェアは社内担当者が管理、ハードウェアはAmazonにお任せ。
FMC:社内担当者の負担は最小。FMC 側でリアルタイム監視、OS更新通知、ソフトウェアパッチの自動通知
8  バックアップ
5
5
1
OP/AWS:サーバ管理者が計画、設定を行う必要があるが、バックアップスケジュールを自由に設定でき、単独ファイルのバックアップ、フルバックアップ等、柔軟な設計が可能。
FMC:FMC 側で自動メンテナンスを有効にすることによって自動バックアップ可能だが、サーバ環境の AWS スナップショットとなるため、バックアップスケジュールの柔軟性は低い。
FileMaker Cloud のバックアップの操作 を参照。
AWSスナップショットのバックアップはデフォルトで 20分ごとに実行される。一週間で計 504個のバックアップが保持され、古いものから順次自動削除される。よって、一週間より前のバックアップが必要な場合、他のバックアップ方法が必要となる。
バックアップのリストアは EBS ボリュームにスナップショットをアタッチする。ファイル単位の復旧は面倒(関連記事:FileMaker Cloud and Manual Backup Restore(英語))。
9  スケーラビリティ
2
4
4
OP:非仮想化環境の場合、ストレージ/メモリ/コア数の拡張には物理サーバ等のハードの入れ替えが伴うが、仮想マシンであれば拡張は容易で、費用は発生しない。
AWS/FMC:ストレジの拡張、サーバのアップグレードはオンラインで行えるが、拡張すれば運用コストもアップする。
10  最大アクセス数(FM社検証値)
5
5
3
OP/AWS:最大500 同時アクセス
FMC: 最大 100 同時アクセス
11  アップタイム(継続稼働)
3
4
4
OP:会社のポリシーと管理者の力量に依存。
AWS/FMC:99.99% のアップタイム(理論値と思われる。表外のコラム参照。
12  BCP(災害時復旧)
2
4
4
OP:災害被災時は焼失等により復旧不能となる可能性あり。同時被災の可能性が少ない遠隔地ストレージへのバックアップが推奨される。
AWS/FMC:OPに比べ影響を受ける可能性は少ないと思われるが、被災可能性は無いとは言えない。
13  ネットワーク
5
3
3
OP:LAN専用の場合、インターネット環境に影響されない。WANの場合は回線品質に依存する。
AWS/FMC:インターネット接続必須。実行速度はAWSのインスタンスタイプに加え、自社が使用する回線品質にも依存する。OPに比べ、WANの構築は容易。
14  サーバ証明書
3
3
3
OP/AWS:自前の証明書をインストールする必要あり
FMC:Comodoの試用版SSL証明書が付属(90日)
15  サーバ認証
4
4
3
OP/AWS:FileMaker ユーザアカウント認証、Active Directory/Open Directory および OAuth 2.0 アイデンティティプロバイダを使用した外部認証
FMC:FileMaker ユーザアカウント認証、 OAuth 2.0 アイデンティティプロバイダを使用した外部認証
16  サーバサイドスクリプト
5
5
2
OP/AWS:サーバ管理者が計画、スケジュール設定
FMC:スケジュール機能は限定的
17  ESS
5
5
2
OP/AWS:ESS使用可
FMC:ESSアダプタ以外は ESS 使用可
18 ODBC/JDBC
5
5
4
OP/AWS:ドライバのインストールが必要
FMC:ドライバのインストールが必要、専用ドライバの提供あり
19  プラグイン
5
5
3
OP/AWS:使用可能
FMC:一部対応していないものがある可能性あり
20  カスタムWeb with PHPおよびXML
5
5
-
OP/AWS:使用可能
FMC:使用不可
21  FileMaker Data API
3
3
3
OP/AWS:使用可能
FMC:使用不可
注:
本機能は1ライセンスあたり年間24GB のアウトバウンド転送量が付属するが、この転送量を超過するとライセンスを追加購入するが必要ある
土屋企画評価
73
86
67

 2019年8月14日、DNS の問題により、FileMaker Cloud for AWS にアクセスできない問題が発生しました。

 FileMaker Cloud の DNS障害について  [FileMaker Community]



 2019年8月23日、AWSの東京リージョンで大規模な障害が発生しました。



 同日17時現在、当方で利用している東京リージョンの AWS EC2 にはアクセスできましたが、AWSの Service Health Dashboard をみると、まだ完全復旧はしていないようです。9時~17時までの8時間、システムが停止している会社もあるかも知れません。

 上記のような障害は頻繁に発生するものではないと思いますが、クリティカルなシステムでは想定しておかないといけないですね。

 AWSかオンプレミスか、最先端のAmazon AWS vs 自社システム部門… 明日はどっちだ!

参考:
2018年からAWS東京リージョンでもリージョン間VPCが可能になっていて、リージョン間クラスタの構築が可能だそうです(参考記事)。今回の障害発生時、リージョン間クラスタは機能したのでしょうか。


 次に初期費用をシミュレーションしてみます。下表が、オンプレミス、AWS EC2、FileMaker Cloud 導入時に発生する諸費用となります。

 当然ですが、オンプレミスは自前のサーバが必要となります。サーバが無い、あるいは既存のサーバに空きが無い場合、サーバを購入しなければなりません。

 これに対し、AWS および FileMaker Cloud は、初期費用としてサーバ証明書と FileMaker 年間ライセンス費用のみとなるので、初期費用を抑えることができます

表2. サーバ仕様と初期費用比較
No. オンプレミス
(OP)
AWS EC2
(AWS
FileMaker
Cloud(FMC)
補足
1  サーバ証明書
(COMODO 企業認証タイプ SSL)
¥27,864 ¥27,864 ¥27,864 ・金額は消費税込み。
・FileMaker Cloud はComodo試用版SSL証明書が付属(90日)するが、90日以降の運用を想定して料金に追加
2  FileMaker Server
年間ライセンス費用
¥390,000 ¥390,000 ¥390,000  
3  サーバ配置場所
自社
AWS AWS  
4  リージョン
自社
東京 東京 「東京」のAWS正式呼称:Asia Pacific (Tokyo)。FileMaker Cloud の場合、アジアで選択できるリージョンは、東京とシドニーのみ
5  フルフィルメント・オプション
AIM AIM AIM:Amazon Machine Image (64bit アーキテクチャ)
6
 サーバタイプ
(インスタンス種別)
EC2(t2.large)
EC2(t2.large)
 
7
 HDD/EBS
(追加ストレージ)容量
1000GB
40GB
40GB
FileMaker Cloud は40GBがデフォルトで付属
8
 メモリ
8GB
8GB
8GB
 
9  コア数 2 2 2  
10
 CPU
Intel Xeon
Intel Xeon
Intel Xeon
 
11  クロック
3.3GHz
3.3GHz
3.3GHz
 
12  OS
Win Svr 2016
Win Svr 2016
CentOS Linux
Win Svr 2016:Windows Server 2016
13  サーバハードウェア初期費用
¥300,000
¥0
¥0
OPはUPS、バックアップ機器等のサブシステム費用を含まず
初期費用計 ¥717,864 ¥417,864 ¥417,864  
備考:

年間ライセンスと永続ライセンスはどちらがお得なのか

同一バージョンの FileMaker Server を 3 年以上使する場合、永続ライセンス(買い切り)を購入したほうがコスト安となります。
 とういのは、FileMaker Server を 25ユーザで運用する場合、年間ライセンスは 39万円、これを 3年間使用し続けるとすると年間ライセンスは 117万円となり、この費用は永続ライセンスの金額と同額となるからです。
 よって、3年以上を超えて長く運用すればするほど永続ライセンスがお得です。

 なお、永続ライセンス自体は FileMaker Cloud で使用できない点にご注意ください。
 
 最後に月々の運用コストを比較してみましょう。

表3. 運用コスト月額概算比較
No. セットアップ項目 オンプレミス
(OP)
AWS EC2
(AWS)
FileMaker Cloud(FMC) 補足
1  1日の稼働時間(H)
24
24
24
 
2  消費電力(W)
400
400
400
ラックマウントサーバ Dell R330 相当の消費電力
3
 30日分の消費電力(kW)
288
288
288
400W X 24H X 30日÷1000 として計算
4  電力単価*2
¥17.60
東京電力の料金(夏季)
AWS/FileMaker Cloud は電力請求なし
5  電気代
¥5,068.80
AWS/FileMaker Cloud は電力請求なし
6  AWS の時間単価
$0.13   EC2(t2.large)
7
 FileMaker Cloud の時間単価
$0.117 EC2(t2.large)
8  30日分の料金
$93.60 $84.240 24H × 30日 × 上記時間単価(割引適用無し)
9 9 AWSのストレージ料金(40GB)
$4.80 料金に含む FileMaker Cloud で割り当てられる EBS (40GB)
目安
10  アウトバウンド転送料金 (50GB) ¥0 $6.86 $6.86 保守用のデータ転送として 50GB を想定
11  AWS/FileMaker Cloud 料金合計
$105.26 $91.10  
12  米国ドル為替レート
(2018/08/29 時点)
¥111.15
¥111.15
 
運用費用月額計*1
¥5,069
¥11,700 ¥10,126 *OPは高負荷状態を想定、冷却空調費用含まず


FileMaker Cloud の申し込みの柔軟性について

FileMaker Cloud のライセンスは、 BYOL(既存のライセンスの持ち込み) とマーケットプレース(5/10/25/100ユーザライセンス)での購入に分類できます。
 請求に関しては hourly(時間請求) と annual(年間請求)という分類になります。

 一見、簡単なようにみえますが、以下のようなことを考慮する必要があります。
  1. FileMaker Server の永続ライセンスは使用できない。但し、永続ライセンスを年間ライセンスに変換すれば Cloudでの使用が可能。
    永続ライセンスを年間ライセンスに変換し、FileMaker Cloud に適用するまでの手順が公式動画で紹介されています。
  2. BYOL はリザーブド・インスタンス(インスタンスの年間契約)を選択できないため、hourly (時間請求)の一択になる。
  3. BYOL を使用しない場合、hourly(時間請求)または annual (年間請求)を選択できるが、ユーザ数の区切りが 5ユーザ、10 ユーザ、25 ユーザ、100 ユーザの 4 択になる。同時アクセスユーザ数が 30 など、中途半端になる場合はコスト高になる可能性がある。
  4. annual を選択すると途中解約やダウングレードができない。この件に関するサポートやアップグレードの要望がある場合は要問合せ(英語)
FileMaker Cloud 自身の操作では、 BYOL を AWS のリザーブド・インスタンスに適用できない件は、FileMaker 公式のオンラインコミュニティでも議論されています。
 参考:BYOL to a reserved instance on FileMaker Cloud (英語)

 スレッド内でも言及されていますが、あらかじめ AWS でリザーブド・インスタンスを購入しておいて、後で FileMaker Cloud の BYOL に結びつけるという裏技もあるようです。ただし公式対応ではないため、微妙です。
 参考:Using an AWS Reserved Instance with FileMaker Cloud (英語)

まとめ

すでに社内に仮想環境があるのであれば、仮想マシンを一つ作成するだけで FileMaker Server 環境を構築できますので、FileMaker Cloud の必要性は低いと思います。これはAWS 等のクラウドを運用中の企業でも同様です。

 社内にサーバ技術者がいない、いろいろ考えず手っ取り早く FileMaker を試用したいといった場合には、 FileMaker Cloud が威力を発揮すると思います。ただ、FileMaker AWS への登録、キーペアの作成、FileMaker Cloud 申し込み、FileMaker Cloud へのキーペア紐づけ等の設定は最低限必要になるのでご留意ください。


■ FileMaker Cloud 関連情報(随時更新)
FileMaker Cloud のチュートリアル(18/09/04追記)

FileMaker Cloud スターティングガイド(18/09/04追記)

FileMaker Cloud Support ページ [英語](18/09/03追記)
FileMaker Cloud に関するサポート情報がコンパクトに表形式でまとめられています。



参考リンク:
*本稿執筆にあたり、以下を参考にしています。
FileMaker ServerとFileMaker Cloudの比較 [公式サイト]
FileMaker Cloud 技術仕様 [公式サイト]
ファイルメーカー、「FileMaker Cloud」の日本リリースを発表 [公式サイト]
料金単価表‐電力(従来からの料金プラン) [東京電力]