ラベル IIS の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル IIS の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013-06-28

IIS7 でサイトページの内容の一部を自動的に書き換える方法

 Apache では、mod_layout モジュールを使ってページ内容の一部を書き換えたり、URL を変更したりすることができますが、 IIS7 単体ではできません。

 しかし、Microsoft サイトで提供されている URL 書き換えモジュール(URL Rewrite Module) を使うと、同様の操作が可能となります。

 今回は、この URL 書き換えモジュールを使って、ページの文末を書き換える方法について説明します。


1. URL Rewrite Module 2.0 をマイクロソフト公式ダウンロードサイトよりダウンロードし、IIS7 を運用中のサーバにインストールします。

Microsoft URL Rewrite Module 2.0 for IIS 7 (X64) ダウンロード
Microsoft URL Rewrite Module 2.0 for IIS 7 (X86) ダウンロード


 インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャを起動すると、以下のように、URL 書き換えアイコンが表示されていればインストール成功です。



2. サーバ全体で書き換えを適用する場合は、左ペインのサーバ名をクリックしてから、URL 書き換えアイコンをダブルクリックします。

 URL 書き換えの規則を管理するウィンドウに切り替わりますので、画面下部の「HTTP 応答のヘッダーまたはコンテンツに適用される送信規則」のセクションをクリックし、次に右ペインより「規則の追加...」をクリックします。



3. 送信規則のセクションで「空の規則」が選択されていることを確認し、“OK” をクリックします。


  送信規則の編集ウィンドウに切り替わります。



4. 名前と必須条件を決めます。

 [名前(N)] に任意の名前を入力し(下図では adcode)、[必須条件(P)]の一覧より「<新しい必須条件の作成...>」を選択すると、下図のように必須条件編集ダイアログが表示されます。



 ここで、[名前] に任意の条件名を入力し(下図では bodyEnd)、[仕様] は「正規表現」が選択されていることを確認してから、“追加”ボタンをクリックすると、下図のような正規表現指定ダイアログが表示されますので、以下のように入力します。



 [条件の入力(C)] {RESPONSE_CONTENT_TYPE} (デフォルト)
 [入力文字列が次の条件を満たしているかどうかをチェック] パターンに一致する(デフォルト)
 [パターン(T)] ^text/html
 [大文字と小文字を区別しない] チェック付き(デフォルト)

 ここまで入力が終わったら、“OK” ボタンをクリックすると、必須条件の追加ダイアログに戻りますので、内容を確認してから “OK” をクリックして閉じます。



5. 書き換え用のテキストを設定します。

 画面中央の[パターン]に書き換えるタグを入力し(下図では
)、アクションのセクションでは、[アクションの種類(Y)] は「書き換え」(デフォルト)、[アクションのプロパティ]には任意の文字列を入力します。


 ここでは、ページの末尾を Powered by Tsuchiya Planning Company </body> で書き換えるという規則を指定したものです。

 ヘッダ部分を書き換えるのであれば、[パターン] を </head>、にし、[アクションのプロパティ] に任意の文字列や制御コードと記述し、</head> で閉じるようにします。
 すべての操作が終わったら、ウィンドウ右上の“適用”をクリックします。


6. ページをロードして、設定が反映されていることを確認します。

 試しに、http://localhost/iisstart.htm にアクセスしてみましょう。
 以下のように、指定した文字列がページの最後に表示されていれば成功です。




 この方法を応用すると、サイトのすべてのページにアクセス解析のトラッキングコードを自動挿入したり、ページの先頭や末尾に広告を自動挿入したりすることができます。




2011-09-28

How to fine tune your WordPress settings to allow image file uploads on IIS7

We have been testing WordPress 3.2.1 and found out that it would not upload any image files.

You may end up with the following error or something similar when you try to upload an image:
Unable to create directory *********/wp-content/uploads. Is its parent directory writable by the server?

This error occurs when you have not given the IUSR account write-access to uploads directory.

You may be able to fix this problem with the following steps:
(Note: we assume that the PHP environment is properly set up, so the detailed instructions on php.ini settings are not mentioned here.)

1. Make sure a folder named uploads exists in wp-content.
This directory is oftentimes not automatically created in the IIS environment, so you may have to create it on your own.

2. Right-click on uploads directory to bring up Security tab.
Add IUSR to the user list and assign write-access to it.

3. Now, go back to the WordPress media settings and make sure if the URL for file uploads is wp-content/uploads.

IIS7 にインストールされた WordPress からファイルのアップロードができない場合の調整方法

 Windows Server 2008 R2 の IIS7 環境に WordPress 3.2.1 をインストールしてみたのですが、デフォルトのままでは WordPress から画像やファイルをアップロードできないことがわかりました。

 まず、アップロードを試みると、以下のようなエラーメッセージが出てしまいます。

ディレクトリ /wp-content/uploads/YYYY/MM を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?

これは明らかにディレクトリパーミッションが問題で発生するトラブルですので、以下の順に確認しながら調整します。
(php.ini の設定ではファイルアップロードを有効にしていることを前提にしていますので、php 設定についてはここでは省略します。)

1. wp-content フォルダの下に uploads フォルダがあることを確認。
uploads フォルダがなければ作成してください。



2. uploads フォルダのアクセス権に IUSR が登録されていることを確認。
IUSR がなければ、図のように IUSR を追加して、書き込み権限だけを与えます。

注意:デフォルトの IIS_IUSRS だけではアップロードするための権限が足りないため、ローカルコンピュータの IUSR を手動で追加する必要があります。



3. WordPress のメディア設定の「アップロードするファイルの保存場所」が wp-content/uploads になっていることを確認します。



 これで当方は画像のアップロードができるようになりました。
 当方で試した WordPress のバージョンは 3.2.1 ですが、以前のバージョンでもアップロード設定で躓いた方は、この方法で試してみると解決するかもしれません。

2010-09-13

IIS 運用中のマシンでイベント ID 115 のエラーが発生したらポート番号を疑ってみる

 Windows Server 環境で IIS による Web サーバを運用している場合、マシン起動時や WWW サービス起動時にイベント ID 115 のエラーが出ることがあります。

エラー内容:
「サービスはインスタンス 2 をバインドできませんでした。このデータはエラー コードです。
このメッセージに関する追加情報については、以下のマイクロソフト オンライン サポートのサイトを参照してください: http://www.microsoft.com/contentredirect.asp」


 上記ではインスタンスが 2 になっていますが、1 や他の番号が返されることもあります。
 これは IIS に設定されている Web サイトに対応する番号になっています。たとえば、Windows Server 2000 の IIS はインストール時に「既定の Web サイト」と「管理者 Web サイト」の 2 つのサイトを生成します。

 よって、サイトとインスタンスの関係は次のようになります。
 「既定の Web サイト」--- インスタンス 1
 「管理者 Web サイト」--- インスタンス 2

 今回のエラーはインスタンス 2 (= 管理者 Web サイト)で発生していたことになります。
 管理者 Web サイトの場合、IIS が 2000 ~ 9999 の範囲内で勝手にポート番号を自動割り当てするようになっているそうで、割り当てられたポート番号が別のアプリケーションにすでに使用されている場合は当然競合エラーが起こります。

 このサーバに自動割当されていたポート番号は 5900 で、これが VNC ポートと競合していました。


 ポート番号を任意の番号に変更して IIS を再起動したところ、エラーは解消しました。
 イベントビューアで同じようなエラーが発生している方は、一度ポート番号の競合を疑ってみると良いかもしれません。

参考サイト:
Web サイトおよび FTP サイトについて