2016-05-23

今なお輝くFileMaker 5.5/6


その理由は以下の通り。

1. OS上位互換性

 FileMaker Pro 5.5/6(以下、FM5.5/6) は最新の Windows OS ― Windows 7/8/8.1/10で、FileMaker Server 5.5(以下、FMS5.5) は Windows Server 2008/2008R2/2012/2012R2 で動作する。また、FMP5.5/6 のマルチユーザライセンスを Windows Server のリモートデスクトップサーバ上に配置すれば、遠隔地からでも FMS5.5にアクセスして快適にFMを使用できる。 小社の取引先では、2台の Widnows Server 2008 を2008年に導入し、1台に FMS5.5 を、もう1台に FMP5.5(マルチユーザライセンス) をインストールし、2016年5月現在もLAN/WAN上の計20ユーザで稼動している。
  ちなみに、FM5.5のリリースが2001年。 そのアプリが全く改変を施すことなく、2016年現在も最新のOS上で普通に動作する、というのは驚異的ですらある。

注:

  • 上記の2台目のサーバは、Remote Desktop サービスライセンス×10ユーザ付。
  • もっとも FMS5.5 は環境によっては問題が起こることもある。 当方で遭遇した現象としては、Dell PowerEdge T105 のハイパーバイザ上の仮想マシン(Windows Server 2012R2 )上で FMS5.5 は問題なく動作したが、PowerEdge R330 のハイパーバイザ上の仮想マシン(Windows Server 2012R2 )に FMS5.5 を新規インストールした後にFMS の コンソールで「ファイルメーカー Server」を右クリックして「プロパティ」を選択するとコンソールがクラッシュする、ということがあった。 この際、正常稼働している PowerEdge T105 上 の仮想ディスク(VHD)を丸ごと PowerEdge R330 にコピーして仮想マシンを再構成したところ、コンソールで「プロパティ」を選択できた。R330 上に新規インストールした FMS5.5 を動かすべくいろいろ試したが成功しなかった。 本現象は両PowerEdge のビデオドライバの差異に起因するものかと疑っている。
Windows 10 上の FM5.5 でファイルを開くと、パスワードマネージャーが表示される





2. 低コスト性


 これが第二の理由。 どの位、システムの総コスト(TCO)が安いのか、FileMaker 15 の FLT との比較で試算する以下のようになる。
  •  FMP5.5@¥35000× 20ライセンス+FMS5.5 ¥130,000×1台=¥830,000
  •  FileMaker 15 FLT 20ユーザライセンス)@¥285,000×15年=¥4,275,000

何と FM5.5のコスト は FLTのそれに比し、 5分の1以下となる。これま、驚異的である。 今後、Windows 10 と Windows Server 2016 でも安定運用できそうな予感がする。 そうなるともう10年はかるーく生き残りそうだ。


3.高速性


 最新の FileMaker は最新のマシンで起動させてもかなりモッサリ。 一方、FMP5.5/6 を最新のマシンで起動させた時の速いことと言ったら… お暇なら古いPCと最新のPCで実行速度を比較されたい。


 FileMaker のOS互換性やFM製品間の互換性、さらにライセンスポリシーも迷走する昨今、機能的には遥かに劣る FM5.5/6 が輝いて見える。 次回は、そんな  FM5.5/6 のアプリを iOS や Android で利用してみる。


(土屋)


追記
些細な変更にすらリスクは伴う。重要なシステムであればあるほど、そのまま使いたい。触らぬ神に祟りなし。
米軍の核兵器運用システムでいまだに8インチフロッピーディスクを使う理由について、国防総省は「…現在も機能しているため」と述べている(米軍、核兵器運用に今も8インチフロッピー使用)。


土屋企画では、FileMaker レガシーシステムの延命、拡張、仮想マシンへの移行に関するご相談を請け賜わっております。ご希望の方はこちらからお問い合わせください。




2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

複雑なシステムで無ければ、FM5.5で十分と言えますよね。
最新のライセンス体系は、FMのユーザー層から考えると自殺行為のように
思われます。

いつも、良い情報ありがとうございます。

naoki tsuchiya さんのコメント...

小社の取引先にはFM5.5/6で結構な規模のシステムを開発し、いまだに延命運用してらっしゃるところが何社かあります。
それなりの規模なので予算面からアップグレードはできない状況で…
当初はメーカー保証のない環境での延命に躊躇はあったのですが、昨今のFMの状況を見るにつけ、そんな躊躇はきれいに無くなりましたw

コメント、有り難うございました。