2008-06-14

SonicWALL (2) --- IPS

SonicWall Total Security シリーズには、IPS(Intrusion Prevention System、不正侵入防御システム)が付属してきます。 これは SonicWALL 上の通信を監視し、悪意または不正な行為を検知・遮断する機能です。 通常のファイヤウォールは各ポートの通信を許可・不許可するだけですが、IPSはファイアウォールが許可したポートの通信の内容までも、シグネチャーデータベースに照らして監視します。ネットワーク管理者は SonicWALL の IPS が検知した不正または不正の可能性を含む通信の概要を警告メールとして送信するように設定することができます。 実際メール送信するように設定すると、やたら多くの警告メールが届き、困惑することになります。

よくある警告メール
警告メールの中を見ると、不正またはその可能性がある通信の内容の概要と、その危険度を低、中、高で示されています。 以下、ありがちな警告メールとその説明。

IPS Detection Alert: ICMP Destination Unreachable (Port Unreachable), SID: 310, 優先順位: 低 - 89.178.40.145, 17127, WAN, 89-178-40-145.broadband.corbina.ru - 192.168.*.*, 59367, LAN, ****** -
 外部からのICMPパケットがSonicWallの内側のホストに届かなかった場合に発生。 危険度は「低」。あまり気にする必要はないが、DoS攻撃やネットワーク構成の探知が行なわれている可能性もある。頻発する場合は要注意。 詳細解説


IPS Detection Alert: PROXY-ACCESS SOCKS 5 outbound proxy access, SID: 1775, 優先順位: 低 - 192.168.*.*, 38248, LAN, ***** - 219.160.253.130, 8558, WAN -

 SOCKS Protocol version 5のプロキシサーバへアクセス。攻撃ではないので無視。詳細解説


IPS Detection Alert: ICMP Time-To-Live Exceeded in Transit, SID: 352, 優先順位: 低 - 192.35.246.1, 53, WAN - 192.168.*.*, 1091, LAN -

IPデータグラムが断片化されて相手先ホストに送信されたため、一つ以上の断片化されたデータが未着となっているため、SonicWALLがデータ待ちをしない状態となる。 通常は無視してよいが、DoS攻撃やネットワーク構成探知行為の可能性もある。 詳細解説


Possible port scan detected -  210.248.168.20, 443, WAN, kanri.shopserve.jp -  *.*.*.*, 6887, WAN, ****** - TCP scanned port list, 6755, 6769, 6833, 6845, 6861

Possible port scan detected - 203.77.186.119, 80, WAN, cds32.tyo.llnw.net - *.*.*.*, 1277, WAN, *.*.*.jp - TCP scanned port list, 1263, 1267, 1271, 1273, 1275
クラッカーが侵入準備のために行うポートスキャン、但し、管理目的のことが多い模様。
***.tyo.llnw.net からは非常に多くのアクセスがあるが、Microsoft Windows Update が使用しているミラーサイト(負荷分散サイト)との推定あり。



SonicALERTの全種別一覧
http://software.sonicwall.com/applications/ips/index.asp?ev=cat

1 件のコメント:

D Entertainment さんのコメント...
このコメントはブログの管理者によって削除されました。