2009-03-11

EdMax のデータを Outlook Express に移行する方法

EdMax のデータを Outlook Express に移行するには少々コツが要ります。

【概要】
 EdMax のメールデータは、本文テキストと添付で保存場所が分かれている。添付ファイルについては専用のフォルダに添付データがそのまま格納されている。
 これに対し、Outlook Express のメールデータはすべて .mdb という一つのデータベースに格納されており、個々のメールは .eml という形式のファイルで取り出すことができる。また、添付ファイルもこの .eml に一緒に保存されている。

 つまり、EdMax メールの本文と添付ファイルを一つにマージさせて、それを .eml 形式に変換する操作によって移行作業を行う。

【操作方法】
1. EdMax のメールを UNIX MBOX 形式でエクスポートします。
 移行対象のメールを選択した状態で、「ファイル」→「エクスポート」の順に選択するとエクスポート用のダイアログが開きますので、次のように指定します。ファイル名には適当なものを付けてください。



(重要)[形式]には「再構成して保存(添付ファイル付き)」を選択してください。これによって、添付ファイルが本文にマージされて書き出されます。

 .mbx という拡張子を付けて“保存”をクリックします。(上記の例では exportmail.mbxと指定する)。このファイルには、選択したすべてのメールが格納されています。

 メールの添付ファイルが大きすぎたり、指定したメールの総容量が大きすぎる場合(最大サイズは 200MB の模様)、エクスポートに失敗しますので、適度なところで区切りながらエクスポートすることをお勧めします。

2. メール変換ツールを使って .mbx 形式のファイルを .eml 形式に分割変換します。
ここでは MailExp というツールを使います。今回は以下のサイトで配布されているものを使用しました。

http://www2.lint.ne.jp/~lrc/in_mailutl.htm

使い方は、入力側に .mbx ファイル(変換前のエクスポート済ファイル)を指定し、出力側に出力先のフォルダとファイル形式を指定します。ファイル形式は .eml にしてください。
“変換+分割 開始”ボタンをクリックすると、メールが連番で分割されます。

3. 2. で分割された .eml ファイル群を、Outlook Express の適切な場所(受信フォルダ、送信済フォルダなど)にドラッグします。

この操作を行うと、.eml ファイルが Outloox Express に追加され、Outlook Express で読み取りできるようになります。

2 件のコメント:

neo さんのコメント...

EdmaxからWindows Live Mailへのメール移行の際、大変参考になりました。ありがとうございました。

▼Windows7がインストールされたPCで Edmaxのメールを「Windows Live メール」にインポートする方法

http://pc-kaden.net/log/eid135.html

turtle さんのコメント...

neo 様、
コメントありがとうございます。
荒削りな操作方法の紹介でしたが、ご参考いただけたようで何よりです。